この度、6月20日(水)17:30~6月21日(木)12:00頃まで、サーバ会社の管理プログラムにバグが起こったことにより、インターネットサーバー障害が起こり、公式サイトがご覧いただけない状況となっておりました。
大変申し訳ございませんでした。

また、サーバー障害の影響で、私の「わが母の記」にご投稿いただいていた記事に付けさせていただいておりました“共感数”のカウントが0(ゼロ)に戻ってしまいました。
皆様には大変ご迷惑をおかけしたこと、お詫び申し上げます。


◆ 『わが母の記』絶賛公開中!
http://www.wagahaha.jp/
 
2012-06-21 (木) 13:49 / Top↑
全国の皆様からお寄せいただきました“私の「わが母の記」”ですが、各受賞者が決定いたしました!

★「わが母の記」賞  1名

「幸せの三本松」 (空色のうさぎ/32歳/会社員)


★審査委員特別賞  1名

「母のお辞儀」 (森田英子/67歳/主婦)


★松賞  2名

「あなたの笑顔」 (ひろみ/29歳/主婦)

「ガラス越しに合わせた手」 (マルメロ/53歳/無職)


★竹賞  2名

「母は強し」 (中野雄介/24歳/介護福祉士)

「母の香り」 (澤木翔/65歳/会社員)



詳しくは、下記のページをご覧ください!

◆私の「わが母の記」 受賞者決定!
http://www.wagahaha.jp/mywagahaha/

◆ 『わが母の記』絶賛公開中!
http://www.wagahaha.jp/

 
  
2012-06-18 (月) 10:46 / Top↑
『わが母の記』をご覧になった感動のコメントが届いています!



樹木希林さんの演技に脱帽!
ずっと祖母を介護していた母とわが家族に重ねて観ました。
特にラストの電話でのセリフは、その通り!と涙が止まらず。。。
エンドロール中、泣きじゃくってしまうほど。
もう一度、両親を連れて観に行きたいです。

(ひろしまケーブルテレビ 西村京子)




[家族]という曖昧でもろくて暖かい…
大切な絆について考えながら
これからも生きてゆきたいと思います。
再現されている玄関や書斎・応接室を
見に来て下さい。

(井上靖記念館 支配人 佐伯憲昭)




祖母の介護を懸命にしていた両親、特に父の姿を思い出しました。
それは戦後の貧しい時期を乗り越えてきた親子の絆、
親への感謝の姿でした。そしてもう一つ、私自身の母との想い出……。
子供の頃には分からなかった母の想いが、
自分が親になって分かった事がいくつかあります。
これらの思い出が、映画の登場人物それぞれと重なり涙が出ました。
色んな出来事が起こるけど、それが「家族」でそして素晴らしいもの。
優しい気持ちになれるそんな映画でした。

(広島テレビ 大橋秀雅)





人は皆、伝えきれない思いを抱えながら生きている。特にわが子には誰もがその思いを強く持つ。
主人公の作家は、年老いて記憶を失ってゆく母と交わした会話の中でようやく、50年間母の心の奥底に秘められていた真実の思いを知る。社会派で知られる原田監督が淡々と乾いた静かなタッチで、昭和の家族の風景を描いたホームドラマの傑作。
偉大な作家井上靖さんも、母の前ではいつまでも小さな子供だったのだと思う。映画は、家族のさりげない会話の積み重ねだが、軽妙かつシリアスな文学的な香りが全篇に漂う。
新進女性作曲家富貴晴美さんの音楽も、人物の心模様にそっと寄り添う。豪華なキャスティングとともに、井上邸の素晴らしい書斎・居間はもう一つの主役。年老いてゆく自分の母と、私ももっと話をしようと思う。家族のあるすべての人に観てほしい。

(広島FM放送 取締役制作部長 下村幸嗣)




あるシーンを思い出すだけで、いまだにグッとくる。こんなに余韻が続くとは。
ちなみに私の母は少しだけ樹木希林さんに似ている。だから余計にそうなのかも。
母と過ごせる残された時間を大切にしたいと思える映画に出会えたことに感謝。

(広島リビング新聞社副編集長 高山由美子)



老いて行くことへの不安は、誰にでもあるはずです。
一番身近な家族の絆や信頼感は、そんな不安を一掃してくれる唯一の存在なのかもしれないと
感じました。けれど、そのことに気づくには時間がかかるんですよね。
「母さん、ごめんね。そして、ありがとう」今ならそう素直に言えそうです。

(FM愛媛 パーソナリティー 正岡省吾)




子どもの思いは親に届かず、親の思いも子に届かないはがゆさ。
でもそれこそが、本当の親子、本当の家族の関係なのかも。
今晩、母さんに電話してみます。

(FM愛媛 パーソナリティ 井坂彰)




これぞ日本の愛!!
こころで見るべき、こころの映画。
そういう絆が今足りないのかも。今日、母に会いに行こうと思います。

(FM愛媛 パーソナリティー 中岡良一)




母とは偉大な存在である。
ラストは苦しいくらいの悲しさと、後にはそれを超える温かさが残りました。
母を中心に広がる家族一人一人の笑顔が忘れられません。
本当に観て良かった!!心からそう思う作品です。

(フリーアナウンサー 作道康子)




20年ほど前、母から「あなたたち(私と弟)が子供の頃、義父・義母の世話ばかりしていて、
もう少しあなたたちにかまってあげたかった」と言われたことがありました。
その時はただ何となく聞いていただけでしたが、本作の主人公とその母の姿と、
セピア色の映像を観ていたら、あの時の母の言葉が思い出され、
少しだけ理解できたような気持ちになりました。
息子は母の想いを分かっているようで分かっていないものなのですね。
母と息子は女と男であることも大きいのかな…と、そんなことも感じました。

(フリーアナウンサー 牧内直哉)




親子は、月日が経っても、試練があっても、絆があるからその穴埋めは可能なんですね。
家族が向き合う姿に感動しました。

(チューリップテレビ 「ミタイノコレクション」リポーター 竹田麻衣)



全国の劇場関係者の皆様からいただいた感想はこちら↓
http://wagahaha.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

著名人の感想コメントはこちら↓
http://www.wagahaha.jp/comments/


◆ 『わが母の記』絶賛公開中!
http://www.wagahaha.jp/
 
  
 
2012-05-17 (木) 17:51 / Top↑
5月12日(土)MOVIX亀有に、真野恵里菜さんと原田眞人監督が舞台挨拶に登場しました!

写真は上段右から、MOVIX亀有 中園支配人、真野恵里菜さん、原田眞人監督、そして劇場スタッフのみなさんです。

MOVIX亀有

◆ MOVIX亀有
http://www.movix.co.jp/app/SMTT000000025_CALENDAR.html

◆ 『わが母の記』絶賛公開中!
http://www.wagahaha.jp/
 
  
2012-05-15 (火) 12:24 / Top↑
5/10(木)MOVIXさいたま&5/11(金)渋谷シネパレスで、原田眞人監督と『わが母の記』出演者によるティーチインが行われました!


まずは10日のMOVIXさいたまのティーチインです。

左から、原田遊人(編集)、赤間麻里子(伊上洪作の妻・美津役)、原田眞人監督、齋賀正和(編集者・轟役)、藤井宏之(編集者・落合役)です。

MOVIXさいたま1

遅い時間でしたが、活発な質疑応答が交わされました!

MOVIXさいたまの近藤支配人(前列右側スーツの方ですね)、一之瀬マネージャーとともに。

MOVIXさいたま2



続いて、11日の渋谷シネパレスです。

渋谷シネパレス1


劇場スタッフさんとともに。

渋谷シネパレス3


◆ 『わが母の記』絶賛公開中!
http://www.wagahaha.jp/
 
 
2012-05-14 (月) 18:36 / Top↑