5月13日(日)、『わが母の記』“母の日”舞台挨拶を実施、本作で“母”を演じ、自身も母である樹木希林と、原田眞人監督が登壇。樹木希林の巨大似顔絵を1,100本のカーネーションで作成し、サプライズで樹木さんご本人へプレゼントしました。

さらに義理の息子さんである俳優の本木雅弘さんがサプライズゲストとして登場!母への想いを伝えていただき、母の日にふさわしい心温まる舞台挨拶となりました。

■日時:5月13日(日)15:10~
■場所:新宿ピカデリー
■登壇者:樹木希林、原田眞人監督 
■サプライズゲスト:本木雅弘さん


※フラワーアートについて
映画の舞台にもなった静岡県の“伊豆の国農協、土肥(とい)センター”から前日に届いた5色(赤、ピンク、白、紫、緑)のカーネーション1,100本を使用し、スタッフ全員で作ったものです。

母の日イベント

●MC:
まずはじめに、原田眞人監督。公開から2週間経ち、たくさんの方にご来場いただいています。今のお気持ちをお聞かせください。

●原田監督:
公開して2週間もたつのに、こうして観客の皆さんに挨拶できるのは監督として光栄です。今までの僕の作品では初めての事なので、初日よりも今日の方が緊張しています。これからも、この作品が一層飛躍できるように、皆さんの応援よろしくお願い致します。

●MC:
続きまして、伊上洪作の母・八重を演じられました樹木希林さん、ご挨拶をお願い致します。

●樹木希林さん:
うちの娘が、「やっぱり私は“ローマ風呂”(『テルマエ・ロマエ』)の方を観たい」と言っていたので、ちょっとしどろもどろしてしまったんですが、『わが母の記』も健闘しているという事を聞きまして、今日は来させていただきました。感無量でございます。

●MC:皆さん、『わが母の記』はお楽しみいただけましたでしょうか?

(会場から拍手)

●MC:改めてこのようなお客様からの拍手を受けて、どんなお気持ちでいらっしゃいますか?

●原田監督:
この数日間ずっとティーチインや舞台挨拶を行っていたんですが、質疑応答の時も熱心な質問が出てきますし、ネット上の書き込みも、こちらが思ってもいなかったようないい文章が多いです。早稲田大学でもこの1ヶ月教えていたので、学生にも課題として『わが母の記』の感想を書いてもらったのですが、自分が思ってもいなかった事を分析してくる学生もいて、感動真っ最中です。

●MC:
公開前からも非常にマスコミの評判が高く、公開されてからはご覧になられた方からますます絶賛の声を頂戴している本作ですが、今回、井上靖さんの原作を映画化しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

●原田監督:
井上靖さんが僕の高校の先輩という事と、僕自身が年をとってきて、若い世代に忘れられつつある井上靖先生の事を語らなくてはいけないなと。それと同時に、同様に若い世代に忘れられつつある、小津安二郎監督や、黒澤明監督のような映画の世界、昭和の世界というものを映像的にまとめたいなという気持ちが徐々に強くなってきました。

ですから、10年前にこの小説を読んで、井上靖先生の世界に僕自身がどっぷり浸かって、5年くらい前から具体的に映画化に向けて進んでいった時には、小津安二郎監督の映像の枠組みを意識した方向性で作っていきました。

●MC:
八重さんの役は、はじめから樹木さんをイメージしてオファーされたのですか?

●原田監督:
最初から樹木さんですと言えれば良かったんですが、違います(笑)。

●MC:
樹木さんもたくさんの映画の現場を経験されているかと思うのですが、原田監督とは初めてご一緒されたんですよね。原田組を経験されて、いかがでしたか?

●樹木希林さん:
全部撮り終わって、最近になって、誰にやって欲しかったのか監督に聞いたんですよ。その人の名前を聞いて、「ああそうか。早くに聞いとけば良かったな」と思いましたが、早くに聞いていても、そこには近づけなかっただろうとは思いますね(笑)。

●原田監督:
最初、僕は高峰秀子さんをイメージしてたんですが、若い樹木さんに、老けメイクをせずに、ご自身で老化というものを演じてもらった方が良いかなと。28歳で『切腹』に出演した仲代達矢さんが、強烈なインパクトがあったように、樹木さんの演技もそれに匹敵するものになるんじゃないかと思いました。

●MC:
映画の中で、10数年にわたって八重さんは年を重ねていきますが、老いていく姿を非常に自然に演じていらっしゃいましたよね。

●樹木希林さん:
ハリウッド映画と違って予算が少ないですからね(笑)。老けメイクをしていただく方もいないですし、撮影も順撮りではないので、午前と午後とで、演じる年齢が違うこともあって大変でした。

●原田監督:
最初、樹木さんの方からこの「おばあちゃんは健脚ですね」ということをおっしゃっていただき、老けメイクもなしで、ご自身の体を小さくしていく形で、老いを表現するということになったんです。

●樹木さん:
体が小さくなるように、骨を抜いて撮影をしていましたので(笑)。

それと、図々しそうに見えているかもしれないですが、原田監督を差し置いて、あまりお話はできないですが…1つだけ言わせていただきます(笑)。

私は、30数年前に名前を売ったことがあるんです。あるテレビ局の社名変更をする際に、名前を売るお祭りがあり、「何か売ってほしい」と言われたので、名前を売りました。そうして新しく名前を考えるときに、ある方が「苗字を“ハハ(母)”にしなよ」と言ったんです。そうすれば年を取ったら“ハハ(母)”というのを“ババ(婆)”にできるから良いじゃないかと(笑)。

でも、あいにく私は“ハハ(母)”も“ババ(婆)”になるにしても、母性が全くないので無理でした(笑)。でも、こうして『わが母の記』に出演し、母の日の舞台挨拶に立たせていただき、実にワガママな女優だと思いますので、まさに『わがママの記』という感じがしております(笑)。

でも、今回の役は認知症にもなっているのもあるので、母性はまず忘れて、監督の腕によって、今日この場に立たせていただいてると思っています。

●監督:
樹木さんは小津映画で、杉浦春子さんの付き人として、実際に現場に入っていらっしゃるんですよね

●樹木さん:
本当に朝からシーンとした静かな現場で、中華そば屋のでのシーンで、自分のことを噂している3人のおじさんたちの話をきいて、杉浦春子さんが涙を流すシーンがあるのですが、何故かどんなにやっても、NGを連発してしまうんです。もうNGの理由が本当に分からなくて、そこですごく「あぁ、映画って嫌だなぁ」と思ったのが私の印象でした(笑)。

でも、私は小津さんの顔を実際に見ている人間ということで、何故か、皆さんから一目置かれているんですよね(笑)。

●MC:
さて、みなさま、今日は「母の日」です。『わが母の記』、ここで、母の日にちなんで、<われらが母>樹木さんに、カーネーションで作ったフラワーアートをご用意しました!どうぞ~!!

(巨大なフラワーアートが搬入されてくる)

樹木さん、ご自身の似顔絵、いかがですか?

●樹木さん:
これ本物じゃないですか。もったいない(笑)!
何と言っていいか分かりませんが、ありがとうございます。

●MC:
ここで、サプライズゲストの登場です。樹木さんの義理の息子さんでもあります、俳優の本木雅弘さんです!

(場内どよめき)

●樹木さん:
こういうのに、出てきたことがないんですよ。とにかく仕事の話とかも家で一切した事がないのに、よく来てくれる気になりましたね(笑)。本当にびっくりしました!

●MC:
本木さん、今日は母の日ということで、特別にお越し頂きました。ありがとうございます。早速、樹木さんに一言頂戴できますか?

●本木雅弘さん:
『わが母の記』の大ヒット上映、そして母の日おめでとうございます。私も、こういう場に参加させていただくことは、なかなかないのですが、皆さんご存知のように、樹木さんはたいていのことには驚かないんです(笑)。ですので、こんな機会でないと驚いてもらえないと思って、つい、引き受けてしまったという事情でした(笑)。

『わが母の記』の撮影中に顔をあわせる機会は、数回しかありませんでしたが、原田監督の前向きで真摯に作品に取り組むの意気込みがあったからでしょうか。普段は2~3分以上出番がある役はやりたくないと言っているのですが、重い腰を上げて、静かな意気込みを持っているのだなということを近くで見て、感じていました。

樹木さんと親子関係になってから17年になるのですが、皆さんもよく分かるように、日常生活も緊張感に満ち満ちた婿生活をしています(笑)。ですが樹木さんは、俳優としても人生のうえでも僕の大先輩なので、悩んだ時などには背中を押してくれます。直接的な言葉ではないのですが、さり気ない助言をしていただいております。

樹木さんの存在は、母という存在を超えて、人生の助言者として、家族を、仲間を、豊かな人生へと導いていってくれると期待しています。でも、樹木さんは人のことまで頑張ってしまうタイプなので、身体には十分気をつけて長生きして、私たちを支えていってほしいです。

●MC:
樹木さん、一言いただけますか?

●樹木
とても驚きました。
なんと言っても、私はガンなのでこれを切り札にしているんです。

家でも芸能界の事は、ほとんど何も話さないんです。同じ家に住んでいても、ただ洗物を一緒にして、お皿を拭いてもらったり、という関係なんです。それに、私だけではなく、夫もお世話になっているので、頭が上がりません。今日は布団をかぶって寝てしまおうと思います(笑)。

あと、原田監督はいつも奥様と息子さんが、一緒にいらっしゃるんです。私は、ヘアメイクさんもいないので、いつも1人で寂しい思いをしているのですが、今日で、一挙に取り返すことができました。ありがとう。

●MC:
ありがとうございました。そろそろお時間も迫ってまいりましたので、最後に、原田監督、会場の皆様に一言いただきたいと思います。

●原田監督:
もう何も言うことはないんですが、先ほど樹木さんもおっしゃっていたように『テルマエ・ロマエ』のようなエンタテインメント性の高い作品も必要なのですが、この『わが母の記』のような、考えれば考えるほど面白くなるような、映画を文化として考えられるような作品も必要ですし、頑張りたいですね。

でも、今年のゴールデンウィーク公開の映画は、とてもバランスが良かったと思います。『テルマエ・ロマエ』には適いませんでしたが、僕らスタッフやキャストはもちろん、宣伝や劇場スタッフ、興行の方々など、みんなで情熱を込めて作りました。でも、そういった熱意はお客さんに、直に伝わったことで、こうしてご挨拶が出来たのだと思います。

皆さんも是非、周りの方々に宣伝をしていただき、2度3度とリピーターとして映画館に足を運んでいただければと思います。その時は、上映中はなるべくお話をせずに、たくさん笑って、泣いていただければと思います。


◆ 『わが母の記』絶賛公開中!
http://www.wagahaha.jp/
 
  
関連記事
2012-05-14 (月) 10:31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wagahaha.blog.fc2.com/tb.php/89-029542ac