すでに映画レビューサイトなどで、本年の邦画No.1との呼び声も頂いている本作ですが、今回、来場者数が50万人を突破、更には、東欧・チェコ共和国のカルロヴィ・ヴァリで開かれるカルロヴィ・ヴァリ映画祭での招待上映が決定するなど、今後も大変期待されています。

そしてこの度、原作の井上靖氏の誕生日である5月6日(日)に、役所広司、宮﨑あおい、原田眞人監督が登壇し、大ヒット舞台挨拶を実施いたしました。


【大ヒット『わが母の記』舞台挨拶 内容】

■日時:5月6日(日) 12:00~
■場所:新宿ピカデリー
■登壇者:役所広司、宮﨑あおい、原田眞人監督


【ご挨拶】
●原田眞人監督:
今日は来場者数が50万人超えたということで大ヒット御礼舞台挨拶というのもありますが、井上靖先生が生まれた特別な日でもあります。井上先生の105回目の誕生日に、晴れがましい気持ちで今日を迎えられて良かったと思います。

●役所広司さん:
大ヒット舞台挨拶を行うのは初日から決まっていたので、ヒットしなかったらどうしようかと、ハラハラしていたんですが(笑)、お客さんがたくさん観に来て下さっているようで嬉しいです。

今日は“わが母”の樹木希林さんはいらっしゃらないので、樹木さんの毒舌を聞けないは寂しいですが、今日は可愛いあおいさんが撮影の中、東京へ帰ってきてくれたので、一緒にご挨拶をさせていただきます。

●宮崎あおいさん:
今日は劇場に来て下さってありがとうございました。初日を迎えてから、こうして皆様の前でご挨拶が出来るのは、とても幸せなことだと思います。この映画は、1人でも多くの方にスクリーンで観て欲しいと思える映画です。短い時間ではありますが、今日はよろしくお願いします。


【質疑応答】
●MC:
公開前からも非常にマスコミの評判が高く、公開されてからはご覧になられた方からますます絶賛の声を頂戴している本作ですが、今回、井上靖さんの原作を映画化しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

●原田監督:
この作品は、僕が撮った今までの作品の中で一番評判が良いんです。普段僕を良く言わない評論家の方々も褒めてくれたので(笑)。今までの作品とはまた違う気がしています。

それと、僕はよく、皆さん観ていただくときには、「伊上家の一員になって、家族と共にひと時を過ごしてください」と言っています。でも、実際に観てくれた方々の様子を聞いてみると、映画を観ていて、伊上家の食卓に入ってしまい、スクリーンの役所さんに語りかけたりしていらっしゃるみたいです(笑)。このように、普段なかなか劇場に足を運んでくれなかった方々もたくさんこの映画を観に来て下さっているようなので、この機会に、もっと映画館へ来てほしいですね。この映画で、新しい映画の観客層を開拓できたような気がしています。

また、この作品を映画化しようと思ったのは、井上靖先生が、僕自身の高校の先輩というのもありますが、僕も年をとったということだと思います。「わが母の記」を50歳を過ぎて改めて読んだのですが、世界中どこにもっていってもある普遍的な家族の話なんですよね。それに、実際に諸外国でよく読まれているのが、この「わが母の記」と「狩猟」なんです。また、僕自身の作品への愛、そして日本映画の古典というもの、昭和という時代を今の技術で蘇らせたので、是非若い人にも観て欲しいと思います。古き良き時代を味わっていただくには、一番良い作品だと思いました。

●MC:
原田監督とは95年の『KAMIKAZE TAXI』以来、99年の『金融腐蝕列島・呪縛』、そして2002年の『突入せよ!「あさま山荘」事件』を経て、約10年ぶりにご一緒になられた現場でしたが、久しぶりの原田組の印象はいかがでしたか?

●役所さん;
映画作家と俳優として、お互い少しづつ年を取りながら、こうして、若い方や高齢者の方々にも楽しんでいただける作品を作ることができました。今までは、若々しく斬新で無国籍なものを撮っていらっしゃってましたが、ふるさとの沼津に腰を据えて、こういった日本映画を撮られたということで、とても新鮮でしたね。

●MC:
映画俳優としての天気となった作品に、原田監督との『KAMIKAZE TAXI』を挙げられていましたが、役所さんにとって、『KAMIKAZE TAXI』はどのような位置づけなのでしょうか?

●役所さん:
台本を読んだときはとても感動したのを覚えています。今回の『わが母の記』のような公開規模ではなく、一館だけの上映とかだったと思うんですが、海外の映画祭の方々などから人気が高く、色々な国の方に楽しんでいただけたと思います。その時に「映画にはこういう力があるんだな」と思い、これからも映画に関わっていきたいと改めて思えたきっかけとなりました。

この作品もそうですが、日本映画が世界中を駆け回ってくれるので、海外の方が日本を理解するのいはとても良いと思います。下手な外交よりも有効な手段だと思いますね。

●MC:
初めての原田組はいかがでしたか?

●宮﨑さん;
堺雅人さんから、「原田監督はとても素敵な方だけど、現場は大変だよ」というのを聞いていたので、かなり気合を入れないといけないな、と思いました。

この作品のリハーサルやオーディションまで、準備期間があったんですが、リハーサルなどの段階で本当に気合いを入れて、100%役を理解をしていないと、現場に入ってから困ることになるなと感じました。

監督に演出していただく時や現場でも、すごく緊張していました。でも監督は、表情や振り向くときのしぐさなども丁寧に細かく指示をして下さったので、「この演出はこういう意味だったのか」と分かりました。撮影が終わってから、改めてすごい方なんだと思いました。

●MC:
宮﨑さんは今回、中学生から大人になるまでの琴子の成長を演じていらっしゃいますが、演じられていかがでしたか?

●宮﨑さん:
今回、前髪をつけてセーラー服を着た中学生時代から始まりますが、メイクさんや衣装さんに一緒に役を作ってもらえたので、自分の中ではスムーズに年を重ねられたと思います。本当に琴子は、周りの方々に支えられながら成長できた女の子だと思いました。

●MC:
本作に登場する伊上家の家族が過ごす家は、東京・世田谷にあった井上靖さんの御自宅を実際に撮影に使っているとのこと。監督ご自身が井上家のご子息にご相談されたとのことなのですが、ご家族は今回の映画化をどのように感じられたのでしょうか?

●原田監督:
5年前に御自宅へ伺わせていただいた際に、あの空間にとても圧倒されて、御自宅が使えなかったら映画化はないと思っていました。それに、撮影前にご家族の方々とも仲良くなれたんですが、ご家族の方々の方から「山荘の方はどうしますか?」とおっしゃってくださり、軽井沢の別荘も使わせていただけることになりました。

●MC:
井上家の方々はどうでしたか?

●原田監督:
最初ご家族は、家の中でも階段の部分だけで撮影をするのかと思ってたようで、実際に60人以上ものキャスト・スタッフが家の中に入ってきて、「えらいことになるぞ」と思ったらしいんですね。実は、その日の夜にご家族で家族会議を行って「どうする?」となったらしいのですが、とても優しい方々で、後で笑い話として
話してくれたんです。また、井上先生は、家族の団欒などがとてもお好きな方で、家に活気が戻ってきたということで、撮影中からとても喜んでくれました。本当に井上家の方々には感謝しています。

●MC:
実際に井上靖先生のご自宅で撮影をしてみて、新たなエネルギーをもらった部分はありますか?

●役所さん:
もちろんありました。撮影をしていて、「ここに井上家の人々がいたんだな」ということだけで、とても力になります。私は書斎の部屋で撮影をすることが多いのですが、井上先生の気のようなものを感じました。

●宮﨑さん:
あの場所でしか出ない空気はありましたね。2Fが控え室のようになっていたのですが、そこで待っているときも、みんなでお菓子を食べたり、編み物をしたり、そうやってゆるゆると過ごした時間の中で出てきた関係性もあったと思います。あの映画の中で井上先生の御自宅が生きているというのは、とても良かったと思います。

●MC:
『わが母の記』は、カナダ・モントリオール世界映画祭での審査員特別グランプリ受賞をはじめ、プサン、シカゴ、ハワイ、インドなど世界中の映画祭で上映され、高い評判を得ているのですが、この度、東欧・チェコ共和国のカルロヴィ・ヴァリ映画祭での招待上映が決定したとのことです。世界中で、さらに上映が広がっていますね、お気持ちはいかがでしょうか?

●原田監督:
このカルロヴィ・ヴァリ映画祭は、ヨーロッパでのプレミアになります。今年で47回目を迎える、すごく歴史がある映画祭なんです。しかも、ここには温泉があるんですよね。ひょっとしたら阿部(寛)さんがいるかもしれないですね(笑)。『テルマエ・ロマエ』のようなエンタテイメント感が溢れる映画がああいう風に大ヒットしてくれるのは、とても嬉しく思います。とりあえず、向こうに着いたら、阿部さんを探してみようと思います。

●役所さん:
みんなで作った映画を、日本でもたくさんのお客さんに観ていただき、海外のお客さんにも、この日本の家族を観てもらえるというのが最高に嬉しいです。

●宮﨑さん:
今、色々な国の名前を聞いて、改めて「すごい!嬉しい」と思います。私はこの映画を観たとき、“懐かしい”というよりも、こんな日本映画があるんだと新しい映画を観たような気がしました。世界中の方が観たとき、「懐かしいな」、「新しいな」、「これが日本なんだ!」など、色んな感じ方をしてくださると思うので、楽しみですし、とても嬉しく思います。


【最後のご挨拶】
●役所さん:
今日はありがとうございました。こうして一生懸命作ったものを皆さんに観ていただけるのは、ご褒美だと思っています。息の長い映画になってくれたらと思います。

こういった大人が楽しめる映画というのも、これから増えていかなければならないんだろうと思っています。中高年の方々、お仕事で忙しいと思いますが、こうして映画館に足を運んでくだされば、もっと日本映画が豊かになっていくと思います。

是非、もう1回大ヒット御礼舞台挨拶ができるように、皆さんも宣伝部となって、ぜひ口コミをしてください。よろしお願いいたします。

大ヒット舞台挨拶

◆ 『わが母の記』絶賛公開中!
http://www.wagahaha.jp/
 

 
関連記事
2012-05-06 (日) 19:55 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wagahaha.blog.fc2.com/tb.php/87-082fe742